2015年01月06日

中枢神経系統脱髄性疾患

①多発性硬化症において脱髄が起こりやすい部位は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。検査では(F)を行う。

(A)脳室周囲の白室(B)視神経(C)脊髄(D)脳幹(E)小脳(F)髄液検査

②多発性硬化症の臨床的な特徴は(A)と(B)である。

(A)症状体征的空间多发性(空間的多発性:病巣の多発)(B)病程的时间多发性(時間的多発性:再発と寛解)

③Lhermitte徴候とは?

多発性硬化症に見られる症状で、頚部を前屈させた時に、痛みやが誘導されるもの。痛みは頚部から背部へと電撃的に放散する。

④Charcot triad(シャルコー三徴)とは(A)に見られる特徴で、(B)、(C)、(D)が含まれる。

(A)多発性硬化症(B)眼振(C)企画振戦(D)断続性言語

⑤多発性硬化症の臨床分類には(A)、(B)、(C)、(D)がある。
(A)复发-缓解型(寛解再発型)(B)原发进展型(一次進行型)(C)继发进展型(二次進行型)(D)进展复发型(進展再発型)
⑥McDonaldの多発性硬化症の診断標準

1.两次发作,两个病灶
2.两次发作,一个病灶,MRI表现空间上的多发性
3.一次发作,两个病灶,MRI表现时间上的多发性
4.一次发作,一个病灶,MRI表现空间上的多发性,MRI表现时间上的多发性
5.原发进展型多发性硬化
posted by 中国某医科大学 at 19:13| 中枢神経系統脱髄性疾患 | 更新情報をチェックする

中枢神経系統感染性疾患

①Creutzfeldt-Jakob diseaseとは(A)が感染することにより、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)などの症状が出現する慢性進行性の疾患である。

(A) プリオン蛋白(朊蛋白、prion)(B)精神障害(C)痴呆(D)パーキンソン様症状(E)共済失調(F)筋萎縮
posted by 中国某医科大学 at 19:11| 中枢神経系統感染性疾患 | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。