2015年01月06日

てんかん

①てんかんの全身発作には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある。

(A)欠神発作(B)ミオクローヌス発作(C)間代性発作(D)強直性発作(E) 強直-間代性発作(F)脱力発作

②ジャクソンてんかんとは? 

異常運動(痙攣発作)が体の一部から発生し、徐々に隣接部位に波及する発作。手→腕→肘→肩のように皮質の区域を移動する。

③Todd's paralysisとは?

てんかんの痙攣発作後に局在性運動麻痺が一過性に出現することがある。これをTodd麻痺と言う。Jacksonてんかんに多い。

④てんかんの治療薬の選択は主に(A)により、薬物の(B)も考慮して行う。

(A)てんかん発作の類型(B)副作用の大小

⑤tatus epilepticuとは?

てんかん重積状態とは,発作がある程度の長さ以上に続くか,または,短い発作でも反復し,その間の意識の回復がないもの。

⑥てんかん重積状態の伝統的な定義は(A)、(B)である、

(A)てんかんの全身発作二回発生する間に意識の回復がないか一回の発作が30分以上持続(B)短時間内の発作の頻発


posted by 中国某医科大学 at 19:15| てんかん | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。