2015年01月06日

運動障害疾患

①パーキンソン病の四徴候は(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A)静止時振戦(B)筋硬直(C)寡動(D)姿勢反射障害

②パーキンソン病の診断は、(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A)50歳以降発病(B)緩慢進行性、重くなる(C)四大徴候の寡動があり、他の三つの内の一つが存在(D)L-dopaが有効

③肝レンズ核変性症(hepatolenticular degeneration、HLD)は一種の(A)による(B)性の疾患で、(C)とも呼ばれる。

(A)常染色体劣勢遺伝(B)銅代謝障害(C)wilson病
posted by 中国某医科大学 at 19:14| 運動障害疾患 | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。