2015年01月06日

末梢神経系

①bell症状とは?

閉眼時に、顔面神経麻痺の側では、眼球が内上方に転移し、眼裂が閉じないので、白い強膜が露出する現象。

②ギランバレー症候群の病理変化は、(A)である。臨床表現では、最初に出現する症状(臨床表現)は(B)である。最も障害を受けやすい脳神経は(C)である。脳神経の障害により(D)が生じる。脳脊髄液は(E)を示す。

(A)节段性脱髓鞘和轴突变性(B)四肢末端の対称性運動麻痺(C)両側顔面神経(D)両側顔面神経麻痺(E)蛋白細胞分離現象

③ギランバレー症候群の診断は?

1.病歴   :1-3週前に感染がある。
2.臨床表現 :対称性に四肢の弛緩性麻痺や脳神経障害、軽度の感覚障害
3.実験室検査:脳脊髄液蛋白細胞分離現象
4.筋電図  :早期にF波またはH反射の遅延や消失が見られる。

④ギランバレー症候群の治療には(A)、(B)、(C)、などがある。

(A)血漿交換(B)免疫グロブリン静注(C)ホルモン療法

⑤蛋白細胞分離現象とは?

脳脊髄液の蛋白の量が増えるのに、細胞数は正常または正常に近い状態。ギランバレー症候群で見られる。

⑥Miller-Fisher症候群の特徴を3つ挙げよ。

外眼筋麻痺、運動失調、腱反射減退
posted by 中国某医科大学 at 19:06| 末梢神経系 | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。