2015年01月06日

復習問題2

⑪急に半側の肢体の運動障害が発生し、半時間で正常に戻った場合に考えられる疾患は(A)とされる。(A)の特徴は発作時間は(B)以内である。

(A)一過性脳虚血発作(B)24時間

⑫頭蓋内高血圧の臨床表現には(A)、(B)、(C)がある。

(A)頭痛(B)悪心嘔吐(C)うっ血乳頭

⑬亜急性連合性脊髄変性症は(A)の欠乏で引き起こされるとされる。病変は脊髄の(B)、(C)、(D)に及ぶ。

(A)ビタミンB12(B)侧索(C)後索(D)周囲神経

⑭多発性硬化症の病理特徴は中枢神経白質の(A)であり、臨床症状が多彩だが、髄液の(B)の陽性率が高い。治療は(C)、(D)などの効果がよく認められている。

(A)脱髄鞘(B) γ- グロブリン(C)ステロイド(D)インターフェロンβ

⑮アルツハイマー病の生検で、顕微鏡所見の特徴として、(A)、(B)、(C)があげられる。臨床は(D)が主症状である。

(A)老人斑(B) neurofibrilary tangles (NFTs)(または神経原線維変化)(C) 神経细胞の萎縮,脱落(D)持続進行性智能衰退

⑯多発性硬化症において脱髄が起こりやすい部位は(A)、(B)、(C)、(D)、(E)である。検査では(F)を行う。

(A)脳室周囲の白室(B)視神経(C)脊髄(D)脳幹(E)小脳(F)髄液検査

⑰Wilson病は(A)とも呼ばれ、常染色体劣性遺伝による(B)の代謝障害が原因とされる。

(A) 肝レンズ核変性症(hepatolenticular degeneration)(B)銅

⑱パーキンソン病の四徴候は(A)、(B)、(C)、(D)である。
(A)静止時振戦(B)筋硬直(C)寡動(D)姿勢反射障害

⑲パーキンソン病の診断は、(A)、(B)、(C)、(D)である。
(A)50歳以降発病(B)緩慢進行性、重くなる(C)四大徴候の寡動があり、他の三つの内の一つが存在(D)L-dopaが有効

⑳脊髄亜急性連合変性(subacuge combined degeneration of spinal cord、SCD)は(A)の欠乏によりもたらされる神経の変性である。病変部位は(B)、(C)、(D)である。

(A)ビタミンB12(B)脊髄後索(C)側索(D)周囲神経


【関連する記事】
posted by 中国某医科大学 at 19:25| 復習問題 | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。